池袋リアルタイム情報!

素人から玄人まで完全な生の声を覗けるのはここだけ!情報をたくさんゲットして間違いなく楽しもう!

18歳以上入場

退場

当サイトはアダルトコンテンツを含む、ソープランド・個室サウナ店を紹介するサイトです。
18歳未満者の性風俗店への立ち入りは堅く禁じられています。

店舗情報、新人コンパニオン、イベント情報

池袋ソープランドの、リアルタイムな情報、実際の体験談、感想などを調べるのに便利な池袋ソープランドBBS! システム、料金、コンパニオン情報、 イベント情報などの基本的は情報はもちろん、動画、漫画、ソープ嬢(コンパニオン)のグラビアなどのコンテンツも充実しています!

歴史1 ~ 池袋村と農村地帯

現在の池袋駅より少し北西に離れた場所、今で言う豊島区池袋、豊島区池袋本町の辺りにかつて存在した「池袋村」が発祥とされています。1889年の町村制施行で、巣鴨村の大字となりました。 しかし、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯でした。ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業です。上野駅~前橋駅間に鉄道を開業させていた私鉄の日本鉄道が、 1885年に官営鉄道(新橋駅~横浜駅)との接続を目的に、現在赤羽線・山手線(埼京線)となっている赤羽駅~品川駅間の路線を開業。だが、この時には池袋の地に駅は設けられませんでした。 その後、1903年に田端駅への支線を建設することになり、当初は目白駅での分岐が想定されていましたが、地形の問題で池袋を分岐点にすることになり、池袋駅の開設に至ったのです。 だが、駅の外に畑が広がっているという状況はなかなか変わりませんでした。

歴史2 ~ 池袋村と農村地帯

大正から昭和にかけ、東上鉄道(今の東武東上本線)や武蔵野鉄道(今の西武池袋線)なども池袋へ乗り入れましたが、これらはどちらも当初繁華街とはいえなかった池袋は起点とせず、 当時の繁華街であった神田・巣鴨(市電が1912年には乗り入れていた)への乗り入れを前提としていました。その過程において池袋は仮のターミナル駅として開設されたが、その後の事情でどちらも都心への延伸を断念し、 結果として池袋起点となったものです。この頃は、巣鴨のほかに、白木屋があり王子電気軌道(今の都電荒川線、1911年に開業)と山手線が交差していた大塚駅辺りが繁華街であって、池袋は師範学校や立教大学など、 学校が置かれたことから文教地区となっていきました。1933年に白木屋と京浜急行電鉄が共同で設立した京浜百貨店が1930年代に菊屋デパートの名で池袋駅に開店。 そして東京市電(1943年に東京都電となる)が1939年に池袋駅前に乗り入れ、この頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになりました。菊屋は1940年に武蔵野鉄道(現西武鉄道)に買収され、 武蔵野食糧を開設。武蔵野デパートを経て1949年に西武百貨店と改称しました。また東武百貨店が1962年に本店を開店して1964年に東横百貨店池袋店を買収し、 1958年に開店した東京丸物池袋店は1968年に西武百貨店に買収されパルコになりました。現在池袋と名の付く地区の大半は、一時期西巣鴨町に属していました。 西巣鴨橋という橋が東池袋二丁目に現存します。サンシャインシティは巣鴨拘置所の跡地に立てられたものです。

池袋の現在と風俗・ソープランド街

池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。駅を中心に巨大な百貨店や専門店が集中し、飲食店などがひしめいています。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。 繁華街は東西に広がり、1日に約100万人の集客人員がある。この街の事を若者を中心に「ブクロ」と略して呼称されることもあります。首都圏でも有数の風俗街を有し、その中で ソープランドも軒を並べ賑わいを見せています。